投手のコントロールを良くする方法

4月 16th, 2014

投手とっては永遠のテーマであるコントロールの向上についてです。
まずコントロールについては、上半身の使い方が重要になってきます。

投手は下半身が重要とよく言われますが、
下半身の強化はコントロールアップ目的というよりも球速アップやスタミナアップを目的としている場合が多いです。

やはり投手のコントロールアップには上半身の使い方が重要になってきます。
上半身の使い方で重要な点が、状態の開きと腕の使い方というところになります。

状態を開くタイミングによりボールのコントロールと腕の動きのバランスの調整が可能になります。
状態を開くのが早いとボールは左方向にずれてしまいます。
逆に、状態が開くのが遅いとボールは右方向にずれます。

ですので状態を開くタイミングを一定にすることでコントロールを保つことができるのです。

次に、腕の使い方です。
腕の使い方の一定の動きをマスターすることが一番重要です。
最も悪いの腕が曲がりすぎることです。
腕の曲がり過ぎはコントロールに非常に悪影響を与えますので、最も注意したほうがよいポイントになります。

また、リリースポイントが重要になってきます。
ポールが指にしっかりかかった状態を安定して続けることができるとコントロールも安定してきます。

以上のようなポイントを意識してトレーニングすることでコントロールは改善できる可能性が非常に高いです。